上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
気が付けば師走・・・。

半年も放置してあったこのブログ。

ごくごく少数の方がわざわざのぞきにきてくださってるようで

ものすごく感謝してます。




前回のブログの続きといいますか、里親さんからの近況を。

GRL_0013.jpg
ウル&グレイという名前です。

2にゃんとも寝顔とはいえ、とっても美猫さんに成長してます。

正直、旦那は貰い手がなかったらうちで・・・とまで言ってくれたくらいかわいかったようです。

とってもとっても幸せそうな寝顔。

ホントに家族として迎えてもらえてよかったなぁって。

きちんとこちらからの条件を守っていただき、お仕事&家事で忙しい中

近況報告をしてくださってます。


2にゃん一度に家族に迎えてくれてホント感謝してます。



そして我が家の近況は

母にこんな仕打ちを受け
500.jpg

妹には「にくにく~」(肉球モミモミしてます)と昼寝を邪魔され
517.jpg

なにをされてもおこらないか~なり落ち着いてきた龍くんです。

先月の予防接種&健康診断でも問題なし!



うちの姫君たちは2才に!
021.jpg


こんな感じです(笑)


日々異種3きょうだいとの格闘です。





にほんブログ村 猫ブログ シャム猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2010.12.05 Sun l ブログ l COM(1) l top ▲
うちで保護していた子猫たちは無事に里親さんが見つかり

日曜日に引渡ししてきました!

メールと電話でのやり取りだけで決めた里親さん。

会うまではとても不安でしたが、ご自宅にお邪魔してその不安も

なくなりました。

まだ見ぬ子猫たちのために出来るだけの準備をしてくださって子猫たちに会えるのを

心待ちにしてくれてました。

共働きのご夫婦に中学生のお子さん2人の4人家族。

まだ新築の香りが残る素敵なお宅に真新しい3段ゲージにニャンともトイレ。

おもちゃも準備してあって。



うちからは仮住まいだったダンボールやトイレがわりのトレイに砂。

カリカリご飯に食器、レンチンあんか、毛布、キャリーバック、消臭スプレー

ウエットティッシュなどすぐ必要になるものすべてを一緒に届けてきました。

あと、1回目のワクチン代もうちで持つことに。


いろいろなものを引き渡し、誓約書に署名していただき今のご飯の状態と

食事回数などを一通り説明し、譲渡は終了しました。




めいかず、里親さん宅に着く直前まで車内で爆睡してたんですが、いきなり

目覚めグズグズ。公園が近所にあったので急遽旦那とめいかずを公園でおろして

みみくろのみで子猫たちをお届けしてきました。

めいかずも気になってしまってかなりドタバタと慌しい譲渡になってしまって

申し訳なかったなーと思いつつ。


子猫たちにとっていいご縁を結べたのかはわかりませんが、みみくろが今出来る

最大限の努力で結んだご縁。

幸せになってもらいたいです。
2010.06.07 Mon l ブログ l COM(0) l top ▲
「いつでも里親募集中」にて保護してすぐから掲載して

縁を結べそうなお方と出会いました。

メールと電話のやり取りしかしてないので不安が無いとは

言い切れないですが名乗り出てくださった方を信じて

子猫たちを託そうと思います。



龍やめいかずがいるのでもっぱらダンボールハウスかすのこサークルの

狭い範囲で生活してる子猫たち。

6日に譲渡です。そしたらのびのびと遊べるようになるからね♪
2010.06.02 Wed l ブログ l COM(0) l top ▲
とうとうやっちゃいました・・・。
保護猫2010


うちの車庫の屋根裏で発見。とりあえず2匹。

保護猫2010 サバ
サバトラ系女子350グラム


保護猫2010 チャ
チャトラ系男子330グラム



しばらくはうちで保護しますが、うちの事情が事情ですので(;´▽`A``

早急に里親募集をしたいと思います。
2010.05.25 Tue l ブログ l COM(1) l top ▲
少し前になりますが、実家のワンコが虹の橋を渡っていきました。

享年14歳。

病院には年1回予防接種に行くくらいで、元気はつらつ~の

歳を感じさせないとっても美人なワンコでした。


今年に入り、乳腺炎が悪化し、5cmほどのこぶ状になってたのを

切除する手術を1月末に受けました。

年齢の事もあるので全身麻酔の手術に不安はありました。


手術は成功し、切除した部位の検査も良性で抜糸後もとても元気に

回復したかのように思えました。

が、抜糸後10日。

2月22日、いきなり足腰が立たなくなり粗相。

寝たきりになり、水以外まったく口にしなくなってしまいました。


手術には耐えたけれど後からどっと身体に負担がかかったのかも

しれません。


実家の母は延命を拒み、病院には連れてゆかず、

自宅で24時間つきっきりで看病しました。

2月26日午後、母が見守る中、苦しむ事もなく大きなため息を

ひとつついてスーっと眠るように逝ってしまったそうです。


私はまだ手のかかる娘達がいるので会いに行きたかったけれど

実家の母の負担になってしまうだろうと思い、主人が休みの

土曜日(27日)に会いにいくつもりでしたが、間に合いませんでした。



週末に娘達と実家に泊まりに行き、小さな小さな箱に入ったYOUと

対面しました。

大好きなおやつとお花を供え、話しかけてたら娘達も

「わんわん~!わんわん~!」と話しかけてました。


ふと、娘達に

「YOUちゃんはどこにいる~?」とたずねたら2人して

ばぁば(実家の母)の方を指差すんです。

金~日まで実家にいたのですが朝起きると2人ともYOUの

写真に「あーお(おはよ)」と声をかけるんです。

ずっとふさぎこんでた母でしたが、孫達の不思議な行動に

少し励まされたようでした。




とても愛嬌あってちょっとドジなかわいい妹分だったYOU。

もう少し長生きして娘達の記憶に残るトコまで居てほしかったな~と

思う気持ちもあったけど。

娘達に聞けばYOUが実家のどこかにいるって感じられるから。





うちの子になって14年、幸せだったかな?

私が結婚し、実家から離れた事がしばらく理解できず

帰るたびに怒ってたなー。

一昨年娘達が生まれ、実家暮らししてた時は娘達の泣き声を

聞くたびに母代わりをしようとクーンクーン鳴いてたね。




母とあなたを思い出しては泣き、思い出話が尽きません。


14年楽しい思い出をありがとう。


YOU
2010.03.09 Tue l ブログ l COM(3) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。